toggle
2017-04-23

【保存版でおさらい版】自宅で簡単!水出しアイスコーヒーパックの作り方。

夏の人気商品「水出しアイスコーヒーパック」の販売が始まりました。

水出しアイスブレンド3パック。

2015年から発売して3年目。
年々ご好評の声が増え続けているゴルピーコーヒーの夏の人気商品です。

原料には通年販売しているほろにがブレンドを使用しているので、冬の間は受注製造体制で販売していたのですが、夏に入りましたので在庫を潤沢にご用意しての販売を開始いたしました。

水出しコーヒー?

普段のアイスコーヒーの作り方といえば、2倍の濃さで抽出したホットコーヒーを、氷で2倍に薄めながら急冷するというものですが・・・。

水出しコーヒーは言葉の通り、熱湯を使わず冷水で抽出したコーヒー。

冷水を使用すると抽出効率が落ちるので、粉の挽き目も極細挽き。
抽出時間も12時間から15時間かけてゆっくり抽出していきます。

※昔からダッチコーヒーと呼ばれるのもこの水出しコーヒー。
昔は点滴のようにポタポタと水が落ちる専用の器具でドリップしていました。

水出しコーヒーはなんといってもまろやかな甘みが美味しい。

冷水で抽出するとコーヒーの苦味の成分が抽出されにくく、本来なら苦味が出やすい深煎りのコーヒーを使用してもあまり苦味が気になりません。

苦味が強調されないぶん、深煎りコーヒーが持つカラメルのようなローストの甘みが強く感じられるコーヒーになります。
また、水出しの場合は長時間抽出のため、口当たりがまろやかになるのも特徴。

熱湯を使用する抽出の場合、いつも「抽出時間は2分から2分半。それ以上時間をかけるとエグミや渋みが出てきてしまいます。」とお答えしていますが、長時間抽出でまろやかさを出せるのも熱湯を使用しない水出しコーヒーならでは。

水出しコーヒーは熱湯を使用しないので、コーヒーの美味しさが長持ちするのも良いところ。
完成してから2日間は美味しくお召し上がりいただけます!

それでは早速ゴルピーコーヒーの美味しい水出しコーヒーの作り方のご紹介です。

用意するもの。

・水出しアイスブレンド の中身の1袋。

※写真のクラフト袋の中に3パック入っています。

クラフト袋には淹れ方の説明書きも付いているのでぜひご一読ください。

あと用意するのは1.2リットル以上のタンクと、水の量をはかるためのスケール、もしくは計量カップ。

ゴルピーコーヒーの水出しアイスコーヒーの作り方。簡単!

まずタンクに水1リットルをいれます。

ゴルピーコーヒーでは浄水(軟水)を使用していますが、お気に入りの天然水や硬水を使用してもOK!
軟水だとコーヒー感が強く、硬水だと味の輪郭がはっきりしたコーヒーになります。

次はこの中に水出しパックを1袋入れます。

浮いた状態のパックをスプーンなどで沈めて潰し、水を染み込ませてください。

パックの中の空気が漏れ出てくるくらい潰しても大丈夫です。

これで準備は完了!

あとは冷蔵庫で12時間から15時間置くだけで美味しい水出しコーヒーの完成です。

飲み始める時にはタンクの中で味の濃淡があるので、一度ざっくりかき混ぜてください。

ちなみに18時間くらい経過したものがこちら。

12時間から15時間経った後もパックは淹れっぱなしでOK!
濃くなってきたなぁと思ったところで取り出していただければ大丈夫です。

これで簡単!美味しい!水出しコーヒーの完成!

出来上がりから2日ほどが美味しく召し上がれる目安。
※1杯ずつ電子レンジで温めてホットコーヒーとしてもお楽しみいただけます。

通信販売でも水出しアイスブレンド販売中!

「水出しアイスブレンド3パック」の通信販売ページはこちらから。(送料無料!!)

他にも送料無料!ゴルピーコーヒー通信販売ページはこちらから。

電話でのご注文はこちらからどうぞ。
052-832-0100
※電話注文は3,500円(税込)以上で送料・代引き手数料が無料!
※川名店で会員登録していただいたお客様はその旨をお伝えいただくとご注文が簡単です。

皆様のご利用を心よりお待ちしております!!

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA