toggle
2019-01-16

「オホ・デ・アグア農園」発売しました!

ニカラグアの新しいコーヒーが発売されました。
「オホ・デ・アグア農園」

※通信販売ページはこちら。

この数年の間に毎年訪れているニカラグアの優秀な生産者エミリオとオルマン兄弟が運営するブエノス・アイレスグループのコーヒーです。

「ブエノス・アイレス農園」というコーヒーは昨年も発売しましたが、その「ブエノス・アイレス農園」と同じ生産者グループのコーヒーです。
この生産者グループは合計で10の農園を所有管理し、全て自前の生産処理場(脱果肉と水洗をするウェットミルと、乾燥をするドライミル)にて商品化を行なっています。

中でもこの「オホ・デ・アグア農園」はニカラグアとホンジュラスの国境付近に位置する農園で、ゴルピーコーヒーでもご好評いただいているコーヒーの国際品評会「カップ・オブ・エクセレンス」では2018年大会で20位、2017年大会では14位と安定して高品質コーヒーを作り出している優秀な農園です。

昨年の2月にもブエノス・アイレスグループのドライミルに訪問しました。

所有するすべての農園のコーヒーがここに集められ、乾燥させています。

昨年の2月にも訪問させていただき、ドライミルにあるラボでカッピングをさせていただいたり、農園の中を歩かせていただきました。

農園の中からの一枚。

向こうに見える尖った山までこのグループの農園(スヤタル農園)が続いています。

【その他の訪問中の生産国の様子はYouTubeにて、こちらから。】
同じグループのブエノス・アイレス農園やナランホ農園、ウエットミルでの様子が見れます。

「オホ・デ・アグア農園」の味のご紹介と通販ページのご案内。

澄み切った透明感の中にコーヒーの甘味や青リンゴのような風味、ヘーゼルナッツ系の上品な風味も繊細に感じられます。

冷めてくるとバニラのような軽やかな甘い余韻も。

生産国のニカラグアに赴き、現地のラボで見つけたとっておきの商品です。

通信販売ページでも販売を開始いたしました。
ぜひお試しください。
(通販ページへはこちらから。)

関連記事