toggle
2016-09-07

おうちのコーヒーが絶対美味しくなる話!その1「ミルは絶対あったほうがいい!」※最後に小ネタあり!

[`yahoo` not found]

おうちのコーヒーが絶対美味しくなるシリーズ!第一弾!

11986395_1087843041227111_2352882194580797710_n

日頃のお客様との会話の中で教えていただいたお家でのコーヒーの楽しみ方。

いろんなお客様とお話しさせていただく中で、僕らの当たり前がお客様の当たり前でなかったり、またその逆だったり。

コーヒーって意外と知られていないことが多いし、奥が深い!

もっとコーヒー屋さんも情報開示していかないとなぁーと思って書いてみます。

第一弾のテーマは「ミルは絶対あった方がいい!」という話

IMG_8292

別名グラインダーと呼ばれるコーヒー豆を粉にするあの道具!

おうちにミルがあるとこんなメリットが!

・挽いた時に広がる香りがすごい!
コーヒーを挽くと部屋中にコーヒーの香りが広がり、飲む楽しみだけでなく淹れる楽しみも。
毎朝、部屋にコーヒーの香りが漂っているなんて素敵です!

・美味しさが数倍長持ち!
豆で保管した方が、粉で保管するよりも表面積が小さく表面からの香りの成分の飛散と酸化を防ぎ、コーヒーの美味しさを維持します。
粉だとお買い上げから1ヶ月くらいで飲みきってしまうことをおすすめしていますが、豆だと3ヶ月くらいは大丈夫。
※その他の保管方法についての注意点はこちら
「コーヒーを美味しく楽しむための保管方法」決定版!

そんなおうちのミルはこんなところにこだわりたい!

デザイン・・・見た目と機能美。
見た目も重要!でもスペース争いの激しいキッチンツールの中で収納性も大切にしたいですね。

価格・・・無理のない価格で。
ミルの価格はピンキリ!
数千円のものから僕らが使う業務用なんかはウン十万円!
5千円〜1万円ちょっとくらいのものが現実的かなーと思います。

粉にするときの手間・・・大切にしたい使い勝手!
ここは重要なので後に詳しく書きます!

粒度分布・・・専門用語!でも美味しさに一番大事!
ここも重要なので手間の話の後に書きます!

手動ミルと電動ミル 〜挽くときの手間の話〜

ミルには大きく分けて2種類あります。

手挽きミルとも呼ばれるハンドルを手で回して挽く手動ミル。
スクリーンショット 2016-09-07 7.08.45
※予算は3,000〜5,000円くらい。

もう一方はモーターの力で挽く電動ミル。
スクリーンショット 2016-09-07 7.10.02
※予算は2,000〜50,000円くらい。
写真はご存知ナイスカットミル!25,000円くらい。

挽くときの手間でいうと説明する余地もなく電動の方が楽です。

というのも手挽きミルで豆を挽くのは結構大変です。
意外と力が必要で、1杯分を挽くのに1分くらい回さないといけません。
なので手挽きミルよりは電動ミルの方がおすすめです。

あんまり手挽きミルの否定的な意見だけではあれなので・・・

休みの日やキャンプなど野外でコーヒーを楽しむ時。
淹れてから飲むまで、1時間くらい余裕を持ってコーヒーを楽しむ時なんかは手挽きミルがおすすめ。

手で豆を挽くゴリゴリっという感覚と香りを楽しみながら、飲むだけでなく淹れている時間も楽しめます。

あと手挽きミルを買う時には、挽く時に安定するという理由でなるべく大きなものを選ぶことをおすすめしています。

ぜひご参考にしてくださいー。

電動ミルのいろいろ 〜粒度分布の話〜

電動ミルにもいろいろあって、気にしてほしいのは粒度分布。

粒度分布の解説!
それぞれの挽き目の粉の混入度合。
例)2種類の電動ミルAとB。
ある一定の挽き目で豆を挽いた時、狙った挽き目の粉とそれよりもちょっと細かい粉、ちょっと粗い粉のそれぞれがどのくらい混入しているかという話。

表にするとこんな感じ。

スクリーンショット 2016-09-07 15.58.00

ミルAはほとんど狙った挽き目だけですが、ミルBは狙った挽き目の粉もあるけど、それ以外の細かったり粗かったりする粉もたくさん入っています。

この例ではミルAの方が粒揃いならぬ、「粉揃い」がいいので優秀なミルということになります。

粉揃いがいいということはそれぞれの粉一粒一粒の体積がほぼ一緒なのでドリップ中も均等にお湯が浸透し、満遍なく抽出できます。

粉揃いが悪いと、粗い粉(体積の大きいほう)にはしっかりお湯がしみていかない「抽出不足」。
細かい粉(体積の小さいほう)にはお湯がしみすぎてエグミや渋みの原因となる成分まで抽出されてしまう「過抽出」と呼ばれる状態になってしまいます。

前置きが長くなりましたが・・・

電動のミルには大きく分けてプロペラタイプうす式タイプがあります。

プロペラタイプは家電量販店などで2,000円くらいで売ってるプロペラが回って、コーヒー豆を砕くタイプのもの。
スクリーンショット 2016-09-07 7.15.33
※挽いてる(砕いてる)時間で挽き目を調整します。

うす式タイプは10,000円くらいから購入できる臼(うす)と同じでコーヒー豆をすり潰すもの。
スクリーンショット 2016-09-07 7.10.02
※うすの間のすき間をダイヤルで調整することで挽き目を調整します。

電動ミルは前置きの通り粒度分布の面から見て、うす式タイプのミルの方が断然おすすめです。

うす式タイプのミルは市場価格で10,000〜50,000円ほど価格差がありますが、その理由は挽くスピードと堅牢性が主な理由だと個人的には思っています。

粒度分布についてはそんなに差がないかなぁとも思ってます。
(正確に計ったことはありませんが、この業界にいてもあまりそういう話は聞きませんので!)

結局のところゴルピーおすすめのミルはこれ!

ミルの種類でいうと

  1. 電動のうす式ミル
  2. 手挽きミル
  3. コーヒー屋さんで粉にしてもらって買う。
  4. 電動のプロペラミル

の順番におすすめです。

その中でも特におすすめなのがこのミル!

デバイスタイル GA-1X」!

スクリーンショット 2016-09-07 16.45.47

実はこのミル!毎朝ぼくも家で使ってます!

その前はカリタのナイスカットミルでした!
ナイスカットミルとの比較も含めて、このミルを使ってみて良かった点を大発表!

  • 粒度分布問題なし!
  • コンパクト!→電子レンジの横のすき間にぴったし!
  • 安い!→長く楽しむには大事なこと。
  • 洗いやすい!→受ける部分は丸洗い!
  • オートオフ機能!→一押し!

このミルのすごくいいところは一番最後のオートオフ!

旧型のGA-1には搭載されていなかった新機能!

朝、コーヒーを淹れてる時って結構忙しいです。
忙しい時間の一挙手一投足には無駄のないスムーズな動きを心がけたいもの。

そんな時にこのオートオフ機能がとても役に立ってます。
※30秒でオートオフ!

ナイスカットミルより挽くスピードは遅いかもしれませんが、オートオフ機能のおかげで豆を挽き終わるまでミルの前でぼーっと待ってなくていいので、その間に顔を洗いに行ったり、テレビをつけたり、キッチンから離れられます。

というわけでゴルピーコーヒー的にはこのGA-1Xを猛烈プッシュで楽天市場で販売中です!

とても長くマニアックになってしまいましたが・・・

おうちでコーヒーを美味しく楽しむためには、まずミルのご購入をおすすめ!

それまでのおうちコーヒーライフが数段レベルアップすること間違い無し!
そしてご購入されるのであればこのGA-1Xをおすすめしてますー!

ミルの小ネタ!「ゴルピーコーヒーの挽き目のはかり方」

最後まで読んでいただいたあなたに!

ミルをおうちに導入した時、挽き目がちゃんと合っているのかわからないという時はありませんか?

IMG_8283

ミルを買う前に粉で買って飲んでいたコーヒーがあればそれと同じ挽き目になるようにするのがベターなのですが、見た目で挽き目が同じなんてわかりません。

正直これは僕らコーヒー屋さんでもわかりません。

その時に便利なのが「つまんでみること」。

IMG_8289

塩をふりかけるように人差し指と親指ですりすりつまんでみると粉の粗さを比較しやすいです。

すりすり・・・

IMG_8287

ぜひやってみてくださーい。
コーヒー屋さんでもあまり知られていない小ネタでしたー。

[`yahoo` not found]

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA