toggle
2016-12-09

ゴルピーコーヒーおすすめ!美味しいペーパードリップの方法!【保存版】

[`yahoo` not found]

だれでも簡単!美味しいペーパードリップの方法!【保存版】

ちょっとしたことで自分で淹れるコーヒーが美味しくなるポイントを総まとめにしました。

すべてのポイントを一度に網羅することは難しいかもしれませんが、重要度の大きいものから毎日一つずつでもポイントを押さえていただければ、ご家庭や職場のコーヒーが美味しくなること間違い無しです!

ぜひお試しください!

〈準備するもの〉

  • コーヒー豆
  • お湯
  • ドリッパー&サーバー
  • 細口ポット
  • コーヒーミル(グラインダー)
  • タイマー
  • キッチンスケール(はかり)

《重要度 ★★★》「コーヒーは高品質で新鮮なものを。」

いきなり重要度マックスの★3つです。

コーヒーは農作物。

収穫されたコーヒーの果実からコーヒー豆になる種を取り出して乾燥させたり。

焙煎したり。

粉にしてドリップしたり。

様々な場面で多くの人の手が加えられます。

すべての工程で大切なことは、「それぞれの工程で品質を上増しすることはできない。

つまり「それぞれの工程で素材の良さをそのままに、品質を落とさないようにする。」ということです。

どんなに焙煎が上手に出来ていても、どんなにドリップが上手にできていても、素材そのものが美味しくなければ一杯の美味しいコーヒーは完成しません。

ということで、コーヒーは高品質で新鮮なものを選びましょう。

送料無料!のゴルピーコーヒーの通信販売はこちらから。

《重要度 ★★★》「ハンドドリップは料理と一緒でレシピが大事。」

またも重要度★3つ!!

コーヒーを抽出する際に必ず分量をはかりましょう。

料理する時に食材や調味料の分量が大切であるように、ドリップする時でも使用するコーヒーの粉と出来上がり量のバランスは大切です。

以下ゴルピーコーヒーがおすすめする分量の目安です。

  • 1杯分 粉15g:出来上がり150cc
  • 2杯分 粉25g:出来上がり300cc
  • 3杯分 粉35g:出来上がり450cc
  • 4杯分 粉45g:出来上がり600cc
    ※等倍でないので注意!

《重要度 ★★》「ミルはあったほうが良い。」

コーヒーは豆でご購入していただいて、淹れる前に挽いてもらうのが一番!

粉よりも豆のほうが美味しく楽しめる期間も長いです。

[過去記事]「コーヒーを美味しく楽しむための保管方法」決定版!

またご自宅で豆を挽くとコーヒーの香りが部屋中に広がり、コーヒーを飲む時だけでなく、淹れる時まで楽しめます。

[過去記事]おうちのコーヒーが絶対美味しくなる話!その1「ミルは絶対あったほうがいい!」※最後に小ネタあり!

ゴルピーコーヒーのペーパードリップ用の挽き目は他のコーヒー屋さんよりもちょっと粗めです!

《重要度 ★》「ドリッパーやサーバーは清潔に正しく使う。」

もう説明するまでもありませんね。

ドリッパーやペーパー、サーバーなどメーカー製品から、100円均一などで売られているどこのメーカーかわからないものまで、いろんな場所で手に入るようになりました。

ただし、後者の場合にはたまにハズレがあるので要注意。
ハズレに当たるとゴムやプラスティックの樹脂の臭いがコーヒーに移ってしまうので、ちゃんとメーカー製品を使用する事をおすすめします。

コーヒーを家で淹れるようになるといろんなドリッパーを試したくなります。

[過去記事]よくある質問に答えます!「メリタ?カリタ?コーノ?ハリオ?ドリッパーって何が違う?」

台形ドリッパーから円すいドリッパーに変えた時に使える「余った台形のペーパーフィルターを円すいドリッパーに使う裏ワザ!」をご紹介!

1)台形ペーパーフィルターの底の角(つなぎ目が一辺だけのほう)を円すいドリッパーの穴に合わせる。

2)台形ペーパーフィルターのもう一方の角を折れば完成!

※あくまでも臨時の時だけ使用してください。

《重要度 ★★》「細口ポットでドリップも簡単!湯温もバッチリ!」

細口ポットは必ずあったほうがいいです!

 

[過去記事]おうちのコーヒーが絶対美味しくなる話!その2「ドリップポットがあればハンドドリップも楽チンで美味しくなる?!」ドリップポットの選び方つき!

また最近は抽出に使うお湯の温度についてもよく聞かれます。

ゴルピーコーヒーでは沸騰直後のお湯を細口ポットに移し替えた時の湯温をおすすめしています。

実際に温度を測ってみたら、95〜97度でした。

過去記事にもありますが、細口ポットに注ぐお湯の量もケトルの8割くらいまで注いでください。

そのくらいまで注いでもらったほうが手元も安定するし、湯温も安定します。

ぜひお家でペーパードリップを始めたい!という方は早めの細口ポットのご購入をご検討ください!

今はいろんな形や素材があるので、ぜひお気に入りの相棒が見つかるといいですね。

《重要度 ★》「サーバーとカップを温めるひと手間。」

自分のために、また誰かのために美味しいコーヒーを淹れる時。

ちょっとした一手間をかけることが大切です。

サーバーとカップは温めましょう。

《重要度 ★★★》「抽出時間は2分〜2分半。」

最後のポイントは重要度★3つです。

抽出時間というのは最初にお湯を注いでから、出来上がり!までの「コーヒーの粉がお湯に触れている時間」です。

ゴルピーコーヒーではこの抽出時間を2分から2分半の間にすることを美味しいコーヒーを淹れる最大のポイントとしておすすめしています。

1杯分でも2杯分でも3杯分でも2分から2分半です。

ROCK IN JAPAN FES.アーティストの宇宙まおさんも歌ってくれています!

[過去記事]「ゴルピーコーヒーのうた」完成!

今はタイマー付きのスケールもあるのでとっても便利。


ゴルピーコーヒーの店舗でも使用しています。
*この商品はかっこいいメタルバージョンもあり!

このスケールに対応したかっこいいドリップスタンドも続々発売されています。

ゴルピーの通信販売でも販売中!

この抽出時間ですが、短くなればなるほどさっぱりした風味に。
長くなればなるほど味に厚みが出ます。
※あまりに長くなりすぎると、エグミや渋みに感じる成分が出てきてしまうので注意!
これをコーヒー業界では過抽出といいます。

※「美味しく淹れられなかったあるある」で一番多いのがこの過抽出。
美味しく淹れようという気持ちが裏目にでて、じっくり時間かけすぎなパターン。

最後に抽出時間と「蒸らし」について。

ゴルピーコーヒーではこの蒸らしについて「抽出時間を2分から2分半の間におさめるための時間調整」と考えています。

1杯分のコーヒー粉15gで150cc淹れる場合、蒸らしの時間を取らずにお湯を注いでいくとあっという間に(2分よりもはるかに早く)150cc抽出されてしまいます。

なので、まず1回目にお湯を粉全体に当たるように(20〜30ccぐらい)注いでから45秒待ちます。

これがゴルピーコーヒーの蒸らしです。

2杯、3杯と増えていけば2分から2分半の間に抽出しなければいけないコーヒーの量は多くなるので、蒸らしの時間は短くなっていきます。

以下は抽出杯数と蒸らし期間の一覧です。

  • 1杯分 粉15g:出来上がり150cc:蒸らし45秒
  • 2杯分 粉25g:出来上がり300cc:蒸らし30秒
  • 3杯分 粉35g:出来上がり450cc:蒸らし20秒
  • 4杯分 粉45g:出来上がり600cc:蒸らし10秒

以上がゴルピーコーヒーおすすめ!美味しいペーパードリップの方法!【保存版】になります。

重要度の高い、★3つの項目だけでもぜひ挑戦してみてくださいね!

★3つだけでもまとめると「新鮮で高品質なゴルピーコーヒーを正確なレシピで2分から2分半の抽出時間で淹れましょう!」

必ず美味しいペーパードリップが楽しめます!
お試しください!!

[`yahoo` not found]

関連記事