toggle
2017-10-19

2017年10月18日。いろいろ芽吹き始めました。

[`yahoo` not found]

秋の植え替え用の苗はまだかと待ち遠しい季節になってきました。

前回から木々を剪定したり、枝を誘引したりといろいろしていました。

鮮やかな花の季節は一旦落ち着きましたが、次のシーズンに向けていろんなところで新しい芽吹きが見られましたので、写真に収めてみました。
※これまで2年半以上に渡って手入れしてきたゴルピーの庭の様子はこちらから。

庭の東側の花壇。
もうここはあまり手入れがいらないほど馴染んできました。
足元のゼラニウムもこんもりと立派に。

毎年、夏越しできるか心配しているラベンダーもなんとか持ちこたえ、最盛期に向けて茎がしっかりしてきました。

同じハーブの中でも旺盛なミントはあっという間にグランドカバーになっています。
※ご自宅用に必要な方はお気軽にスタッフまで。
一つ突き出ている花は以前植えた名前を忘れてしまった花のこぼれ種。

花壇から見上げると、いつも緑一色だった枝にたくさんの黄緑色の差し色が。

先日、冬の開花期に向けて枝を剪定をしたミモザアカシアが新芽を出し始めました。

葉型が違うこちらのミモザアカシアも。

いつも、ここから花が咲くのか咲かずに終わるのかわからないので、ヤキモキしています。

熱帯の丈夫な植物シマトネリコも、ワサワサと新緑を出し始めました。

今年の始めの頃、ここのトネリコからとった枝を店の花瓶に入れておいたら根が出ました。
※下の写真は今年の4月頃。

先週まで花瓶に入れっぱなしだったのですが、さすがに根が苦しそうだったので鉢に入れ替えました。

トネリコは育てるのが簡単で、ご家庭でも人気の観葉植物です。
剪定の仕方や、枝の伸ばし方でとても涼しげで目隠しにもなる便利な植物になります。

もし当店のお客様でご自宅でトネリコを育ててみたい方がいらっしゃいましたら、枝を切ってお渡ししますのでお気軽にスタッフまでお声掛けください。

いつもお店に来ていただくお客様の空気感が素敵なのか、店内では空調の中でも植物が立派に育ちます。

今週、室内に生けているのはトルコギキョウにリンドウ。
枝物はローズヒップです。

ローズヒップは先週からで、生き生きとしていて持ちがいいなぁと思っていたら、芽が出てきました。

他の節からも芽が出そうだったので、うまくいけば地植えにしたいと思います。

続く。

保存保存

保存保存

保存保存

保存保存保存保存

[`yahoo` not found]

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA